コレステロールが高いとどんな自覚症状が出るの?数値を改善する方法は?

コレステロールが高いとき、どんな自覚症状があるの?

 

コレステロールは人間の体に欠かせない脂質のひとつ。ですが、増えすぎると血管壁に蓄積して動脈硬化の原因となるので注意が必要です。コレステロールが高いときに自覚症状はあるのでしょうか。

 

答えはNO

 

コレステロールが高いだけでは特に自覚症状がないことが多く、日常生活にも支障をきたすことはありません。ですから、健康診断の結果を見て初めてコレステロールが高いことを知ることも多いのです。

 

コレステロールが高いことに問題があるのは、その次の段階に動脈硬化があるから。自覚症状がないために、対策をとることなく動脈硬化へと進んでしまうこともあり、注意が必要です。自覚症状がないからこそ、定期的にコレステロール値のチェックが大切です。

 

コレステロールの基準値や高い数値は?

 

コレステロールには、2種類あります。

 

善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールと、悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールです。善玉(HDL)コレステロールは、余分なコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役割をもっています。悪玉(LDL)コレステロールは、コレステロールを体の隅々まで運ぶ役割をもっています。

 

運ばれたコレステロールは、多すぎると使われることなく血液中に残り色々な病気を引き起こす原因になります。そのため、悪玉(LDL)コレステロールは増えすぎると良くないといわれるのです。

 

コレステロールの基準値は、年齢や性別などで違いがあります。ここでは動脈硬化に関係の深い、脂質異常症の基準値を説明したいと思います。

 

日本動脈硬化学会の「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版」より。

・高LDLコレステロール血症:悪玉(LDL)コレステロール値が140r/dl以上
・境界域高LDLコレステロール血症:悪玉(LDL)コレステロール値が120〜139r/dl
・低HDLコレステロール血症:善玉(HDL)コレステロール値が40r/dl未満
・高トリグリセライド(中性脂肪)血症:トリグリセライド値が150r/dl以上

 

悪玉(LDL)コレステロールが、140r/dl以上である場合には、動脈硬化の危険性が増して生活習慣病のリスクがあるとされ治療が必要です。つい悪玉(LDL)コレステロールだけを気にしてますが、善玉(HDL)コレステロールの低さや中性脂肪も一緒に考えることが大切です。

 

コレステロール値が高い原因と放っておくと、、?

 

コレステロール値が高くなるのはなぜでしょう?食べ過ぎ、運動不足、肥満、喫煙、過度の飲酒、ストレスなどが関係していると言われています。

 

お腹周りに脂肪がたまっている内臓脂肪型肥満の方は、悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が多く、善玉(HDL)コレステロールが少なくなる傾向があるので注意が必要です。

 

また、遺伝的な要因による家族性高コレステロール血症と呼ばれるタイプもあります。両親や兄弟など血縁者に脂質異常症の方、若くして心筋梗塞を起こした方がいる場合には注意した方がよいでしょう。

 

血液中のコレステロール値が高くても、それだけでは自覚症状がありません。そのため、自分が脂質異常症であるということに気づかない方も多いのです。実に40代男性の約2人に1人が脂質異常症だと言われます。また健康診断などの血液検査によりコレステロールが高いと分かっても、自覚症状がないのですぐに対処しない方も。

 

コレステロール、特に悪玉(LDL)コレステロールが高いと動脈硬化の危険性が増します。気づかないうちに血管が傷つけられ、静かに動脈硬化が進行するのです。動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞などの発作の原因となります。

 

どんな病気リスクがある?

 

血管が切れてしまったら脳出血や大動脈瘤、血栓(血液のかたまり)が細い血管に詰まったら狭心症や心筋梗塞に。詰まった場所が脳のときは一過性脳虚血発作や脳梗塞、詰まった場所が手足の血管であったら閉そく性動脈硬化症を発症します。

 

コレステロール値が高い状態を放っておくと、死に直結する病気につながる危険が大きいのです。去年の血液検査の結果と比べてみて下さい。「ちょっとコレステロール値が高くなったくらいかな?」とそのままにしていませんか?

 

コレステロールを下げるには?

 

 

悪玉(LDL)コレステロールを下げるには、肝臓で合成されるコレステロールを減らすことが大切です。まずは総摂取エネルギーの適正化、つまり食べ過ぎないことです。そのうえで次のような事にも気をつけましょう。

 

・飽和脂肪酸の多い食品を少なくする
・コレステロールが多い食品を少なくする
・不飽和脂肪酸を摂取する
・緑黄色野菜を摂取する
・運動
・禁煙
・ストレスの解消

 

飽和脂肪酸とは、牛や豚の脂身、バター、生クリームなどに多く含まれます。鶏卵、イクラやタラコなどの魚卵などにはコレステロールが多く含まれています。人にもよりますが、コレステロールが多い食品を食べると血中コレステロールが上がる人があるので注意が必要です。

 

不飽和脂肪酸は、マグロやイワシなどの青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、オリーブ油などのオレイン酸に多く含まれます。コレステロールが高いのは悪玉(LDL)コレステロールが酸化しやすい状態といえます。
抗酸化作用の高い、βカロテンやビタミンC・Eが豊富な緑黄色野菜は意識して摂りましょう。適度な運動には善玉(HDL)コレステロールを上げる効果があり、悪玉(LDL)コレステロール値を下げる助けとなります。

 

コレステロールにDHA・EPAがおすすめ!

 

運動や禁煙とともに、なにより食事内容に注意することが大切です。悪玉(LDL)コレステロールを下げる効果がある不飽和脂肪酸は積極的に摂りましょう。不飽和脂肪酸には大きく2種類に分かれます。

 

一価不飽和脂肪酸

オリーブオイルや菜種油(キャノーラ油)、アーモンドなどに含まれるオレイン酸が体表的です。悪玉(LDL)コレステロールを減らし、善玉(HDL)コレステロールはそのまま維持させる性質があります。

 

多価不飽和脂肪酸

青魚の油に含まれるDHAやEPAやシソ油などのαリノレン酸が代表的なn-3系、ひまわり油や大豆油など一般的な食物油に多いn-6系があります。

 

n-3系は中性脂肪を減らし、善玉(HDL)コレステロールを増やしたり、血栓の防止や動脈硬化を予防する効果があります。n-6系はコレステロールを下げる働きがありますが、取り過ぎると善玉(HDL)コレステロールを下げてしまうので注意が必要です。

 

このように、オレイン酸やn-3系脂肪酸の摂取がコレステロールにはよいようです。なかでも、DHAとEPAは厚生労働省でも国民の健康維持を目的とした目標摂取量があるほど。コレステロールにはDHAやEPAの積極的な摂取がおすすめです。

 

最近ではDHAやEPAが手軽に摂取できるサプリメントもあります。青魚が苦手な方、食事の量が減ってきたという方でも摂りやすくなっています。

 

最新DHA・EPAサプリランキング

 

DHAやEPAは青魚に多く含まれています。厚生労働省が推奨している目標摂取量を摂取する場合、1日にマグロの刺身約7人前も必要になります。しかも調理するとますます減少。だからこそ、DHAとEPA配合のサプリメントの利用がおすすめなのです。

 

最新のDHA・EPAサプリメントは、配合量だけでなく飲みやすさや溶けやすさも考えられています。DHA・EPAは油だからカロリーが心配という方でも安心のカロリーです。

 

DHAやEPAは一度にたくさん摂取したからといって効果があるわけではありません。継続した摂取によりコレステロールを下げる効果があります。まずは3カ月を目安に試してみるとよいでしょう。

 

コチラでは最初からお得で、続けるのもお休みするのもできるDHA・EPAサプリメントをご紹介しています。コレステロールが気になるけれどサプリメントを続けられるのか、と不安な方にもピッタリです。

 

大正DHA・EPAの特徴

製薬会社のDHA・EPAサプリメントはいかがですか。1日めやす1包にDHAとEPAを贅沢に配合していますので、魚が足りていないな、魚苦手だなという方にもおすすめです。

・600r配合(DHA400r、EPA200r)
・アルミ個別包装で酸化防止
・独自の溶けやすいソフトカプセル
・1包で15.6kcal
・手頃な価格でコスパ◎

DHAとEPAがバランスよく配合されています。魚臭いにおいもなく飲みやすい、持ち運びにも便利と好評です。いつでもお休みできる定期購入は、初回限定75%OFFの1,000円(税別)と始めやすくなっています。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 1日めやす1包 DHA400r・EPA200r

 

きなりの特徴

DHA・EPA+αで血液サラサラなサプリメントです。1日めやす4粒にDHA・EPA、さらにナットウキナーゼで血栓対策。

・510r配合(DHA450.8r、EPA49r、DPA10r)
・クリルオイル&アスタキサンチンで酸化防止
・特殊製法で魚臭さをブロック
・4粒で13.05kcal
・15日間返金保証あり

マルハニチロとの共同開発により高濃度でフレッシュなDHAを開発。サラサラパラーが高いn-3系DPAをプラス。いつでもお休みできる定期購入は、初回限定67%OFFの1,980円(税込)。

価格 1,980円
評価 評価4
備考 1日めやす4粒 DHA450.8r・EPA49r

 

美健知箋EPA&DHAの特徴

製薬会社品質が自慢です。1日めやす1包にDHAとEPAが小粒カプセルで入っています。

・750r配合(DHA550r、EPA220r)
・アルミパックとビタミンEで酸化防止
・直径3oの極小シームレスカプセル
・1包で23kcal

魚を食べる機会が少ないという人にも安心の配合量。小粒で飲みやすい、個包装が便利と好評。いつでもお休みできる定期購入は、初回限定84%OFFの1,000円(税込)で始めやすい。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 1日めやす1包 DHA550r・EPA220r